トップページ > 教育文化 > 重要文化財(建造物)小林家住宅
教育文化
重要文化財(建造物)小林家住宅

東京都の山地の民家で、村内最古の民家と言われています。標高約750mほどの南斜面に建つ建物で、その手法からみて建築年代は、18世紀前半と考えられます。また、建物の傷みが激しいため、平成23年度から平成26年度にかけて修復工事を行い、当時の形を忠実に再現しました。

                                  (修復前の写真)
  
           
                                  (修復後の写真)

■重要文化財小林家住宅見学案内2.36MB

■重要文化財小林家住宅パンフレット 表面1.24MB 中面1.13MB

■重要文化財小林家住宅保存修理事業の経過報告      
【 お問い合せ 】
檜原村 教育課 社会教育係  TEL:042-598-1011

≪ 「教育文化」に戻る
メルマガ登録はコチラから
檜原村PRPR:日本語PR:English
村長あいさつ 村長への手紙 檜原村議会 選挙情報 リンク バナー広告についてAdobe Reader
PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です。
FlashPlayer
読上げ機能をお使い頂くにはFlashPlayerが必要です。