トップページ > 暮らしのガイド > 登録・証明・届出 > ヒブワクチン任意予防接種費用補助
暮らしのガイド
ヒブワクチン任意予防接種費用補助

乳幼児に細菌性髄膜炎を起こす細菌の50%がHib(インフルエンザ菌b型)といわれています。
Hibによる髄膜炎は、特に0歳から1歳に多く、Hibへの抵抗力は年齢とともに上昇します。
髄膜炎にかかると、命に関わる場合や深刻な後遺症(聴覚障害、発育障害など)を残すことも少なくありません。
その他にも肺炎、喉頭蓋炎、敗血症などの重篤な全身感染症を引き起こすことがあります。
Hibワクチンは、任意接種です。費用は全額自己負担となるため、檜原村では接種希望者の費用を予算の範囲内において補助いたします。
接種を希望される方は、接種の効果や副反応など、かかりつけの医師とご相談の上ご検討ください。

【 対象者 】
接種日において、檜原村に住民登録または外国人登録がある方で、生後2ヶ月から5歳未満(5歳の誕生日の前々日まで)の方

【 補助額 】
1回につき8,000円を上限(一人最大4回まで)

【 接種スケジュール 】
お子さんの月齢や年齢によって接種回数が異なります。

  • 接種開始が生後2ヶ月から7ヶ月未満
    通常4〜8週間間隔で3回接種、その1年後に1回接種
  • 接種開始が7ヶ月から1歳未満
    通常4〜8週間間隔で2回接種、その1年後に1回接種
  • 接種開始が1歳から5歳未満
    通常1回のみ接種

【 補助金申請方法 】
  • 各医療機関に接種の予約をし、医療機関にある予診票に必要事項を記入後、接種を受けてください。
    その際に、母子手帳を持参し、医療機関に接種記録の記入をご依頼ください。
    また、領収書を必ず受け取ってください。
  • 既に接種済みの方についても、平成21年4月1日以降の接種分から補助いたしますので申請してください。


    【 申請時に必要な書類 】
    • 申請書
    • 接種記録のある母子手帳
    • 領収書
    • 印鑑及び振込先のわかるもの
  • 後日補助金交付決定通知書を送付し、その後、補助金を指定された口座に振り込みます。

【 健康被害に対する救済処置について 】
Hibワクチンの予防接種は、予防接種法に基づかない任意の予防接種であるため、万が一Hibワクチン接種による健康被害が発生した場合には、独立行政法人医薬品医療機総合機構法に基づく副作用救済給付の対象となります。

【 お問い合せ 】
檜原村 福祉けんこう課 けんこう係  TEL:042-598-3121

≪ 「登録・証明・届出」に戻る
メルマガ登録はコチラから
檜原村PRPR:日本語PR:English
村長あいさつ 村長への手紙 檜原村議会 選挙情報 リンク バナー広告についてAdobe Reader
PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です。
FlashPlayer
読上げ機能をお使い頂くにはFlashPlayerが必要です。