戻る
クレジット取引

 檜原村では、村内で削減した二酸化炭素をはじめとする温室効果ガス(以下、CO2)排出量を、クレジット(排出権)として取引する取り組みを進めています。

 現在、環境省によるオフセット・クレジット(J-VER)制度により認証された、檜原温泉センター数馬の湯における二酸化炭素削減量をクレジットとして販売しています。

 

◎ クレジットの購入方法

 檜原村のJ-VERクレジットの購入を希望される方は下記書類をご参照の上「購入までの流れ」に従い、お手続きください。

・J-VER販売パンフレット(PDFダウンロード

・檜原村J-VERクレジット販売要領(PDFダウンロード
・檜原村J-VERクレジット購入申込書(様式1~3)(Wordダウンロード
・承諾書(様式4)(Wordダウンロード
・売買契約書_移転(様式5)(Wordダウンロード
・売買契約書_無効化(様式5)(Wordダウンロード

 

※現在、オフセット・クレジット(J-VER)制度は、国内クレジット制度と発展的統合が行われJ-クレジット制度に移行しており、檜原村のJ-VERはJ-クレジット登録簿により管理されています。
  ただし、旧制度において事業承認を受けた事業は、事業開始日から一定期間、旧制度のルールに基づいて事業を継続することができるため、檜原村のクレジットはJ-VER制度を継続しています。

 

◎ 購入までの流れ

1. J-VERクレジット購入・活用内容の検討
2. J-VERクレジット購入申込書の提出(購入者→村)
 ⇒購入申込書(様式1~3)を作成し、村に提出します。
3. J-VERクレジット購入者の決定(村)
 ⇒村は、J-VER活用方法の妥当性、適格性等を総合的に判断し、審査のうえ購入者を決定します。
4. 檜原村 J-VERクレジット売買契約の締結(購入者・村)
 ⇒決定した購入者に対し、檜原村が承諾書(様式4)を発行します。購入者が承諾書を確認後、村と購入契約(様式5)を締結します。
5. J-VER購入代金の納入(購入者→村)
6. J-VERクレジットの移転・無効化※(村→購入者)
※檜原村のJ-VERは、J-クレジット登録簿システムにより管理されており、檜原村のオフセットクレジットの移転には、J-クレジット登録簿システムの口座開設が必要です。

流れ

購入までの流れ

◎ クレジット販売量

 現在、販売を行っているクレジット量については、クレジット販売状況のページでご確認ください。
 販売単位は1t-CO2、販売価格は5,000円/t-CO2(税別)となります。

 会議・イベント等のオフセットに向けて購入量を検討される方は、以下の計算書類をご参考になさってください。

・オフセット量計算シート(Excelダウンロード

 

※平成25年度より檜原村のクレジットは、檜原村木質バイオマス推進協議会による檜原クレジット認証制度によってCO2排出削減量を認証し、クレジット化されています。
檜原クレジット制度については⇒こちら

◎ クレジット販売に関するお問合せ先

檜原村役場 産業環境課 生活環境係
TEL:042-598-1011(代) FAX:042-598-1009

◎ クレジット購入の意義

檜原村に支払われたオフセットクレジットの購入費は、檜原村において以下の効果を生み出す活動の資金として活用されます。

    ・地域経済の活性化

    ・木質バイオマスエネルギー(薪)製造体制構築

    ・化石燃料(灯油や重油など)の使用量を削減し、地球温暖化防止へ寄与

    ・地域に根ざしたCO2吸収源となる森林整備の推進

     

◎ クレジットの利用方法

檜原村のクレジットは、以下のような用途にご利用いただけます。

会議・イベントのオフセット量の算出には、オフセット量計算シートをご利用ください。

・オフセット量計算シート(Excelダウンロード

・オフセット量計算シート利用説明書(PDFダウンロード

クレジット利用方法

◎ 参考:クレジットに関連する用語

■カーボン・オフセット

 自らの温室効果ガスの排出量を認識し、主体的に削減努力を行うとともに、削減が困難な部分について、他の場所で実現した排出削減、吸収活動等により、その排出量の全部又は一部を埋め合わせることをいいます。
・カーボンオフセット制度については⇒こちら

■オフセット・クレジット(J-VER)制度

 カ-ボン・オフセットの取組を普及・促進するため、国内のプロジェクトにおいて実現された温室効果ガス排出削減・吸収量を自主的なカ-ボン・オフセットに用いられるクレジット(J-VER)として認証・発行する制度のことです。
・オフセットクレジット制度については⇒こちら
・檜原村オフセットクレジット登録状況は⇒こちら

 檜原村のクレジット登録内容↓

登録日

プロジェクト名

方法論

排出削減・吸収量見込

プロジェクト
登録番号

H24/03/26

檜原村 木質バイオマス活用による温泉加温プロジェクト 数馬の湯における薪ボイラーを用いた二酸化炭素排出量削減事業

E001

133 t-CO2/年

0203

■J-クレジット制度

 J-クレジット制度は、省エネルギー機器の導入や森林経営などの取組による、CO2などの温室効果ガスの排出削減量や吸収量を「クレジット」として国が認証する制度です。
この制度は、国内クレジット制度とオフセット・クレジット(J-VER)制度が発展的に統合した制度で、国により運営されており、創出されたクレジットは、低炭素社会実行計画の目標達成やカーボン・オフセットなど、様々な用途に活用できます。
・J-クレジット制度については⇒こちら

■檜原クレジット制度

 檜原クレジット制度は、CO2排出削減・吸収プロジェクトより発行される「檜原村独自のクレジット」を檜原村木質バイオマス推進協議会により認定する制度です。
基本原則として、檜原村のバイオマス資源の利用を促進するプロジェクトが対象となり、檜原クレジットの売却益はバイオマス利用促進や森林の整備に使用されます。檜原クレジットは、オフセットクレジットとして利用できます。
・檜原クレジット制度については⇒こちら

  • 木質バイオマス利用施設
  • 薪の販売・原木の受け入れ
  • クレジット取引